慣らし保育

先週の月曜日から、息子の慣らし保育が始まりました。

予想通りというか、毎日泣いているようです。

もともと、ちょうど人見知りの時期なのと、場所なんかも、初めてのところと来たことある所、と区別がつくようになったので、慣れるのに時間がかかっているようです。

それと、どうやら風邪をもらってきてしまったようです。

実は、去年の6日くらいから風邪をひいていて、ほとんど治ってきて、後は咳だけ、という状態で、10日の夜に、熱が38度6分、下痢は何回もする、という状態で、ほとんど寝ないで、奥さんと看病してました。

11日に病院に行って、熱がひいて、後は下痢と鼻水だけ、になりましが、この鼻水がくせ者。

寝てても、鼻水で鼻が詰まるので、息子は大泣き。
それが、夜中じゅう続きます。

ハックで、鼻水を吸う商品を買ってきて、吸いまくってます。

先生曰わく、
「初めて家(無菌)から、集団生活(有菌)になるんだから、病気なんてすぐもらってくるよ。そうやって、体を慣らしていくのも、慣らし保育の役割。親離れするための精神的なものだけじゃないよ。」

そうなの?!

奥さんと、目からウロコだ、と話していた。

これからも、大変だろうけど、息子には、是非がんばってほしい。
[PR]

by wakataka1976 | 2014-01-13 16:23 | 携帯から!